八ケ岳山麓富士見高原のそばやさん「おっこと亭」

村長です。

東京などから友人が来たとき必ずと言ってよいほど案内するそばやさんが「おっこと亭」というお店。
先日も友人がひとりやってきたのでお昼を食べに行きました。
おっことは一帯の地名で、かの「もののけ姫」で乙事主という巨大なシシ神がでてきますが、
この地名に着想を得たと言われています。店内に宮崎駿さんのサインも飾ってあります。
IMG_7664s

とても広い駐車場があり、店内もお座敷とテーブル席があってキャパシティーがあるため、
大勢で行っても大丈夫なので重宝していますが、
なにしろそばがうまいんです。
そばは好みもありますからなんともですが、細くてカタめ。
比較的一本が短くノドをさらっとかたまりで通り過ぎていく感じも好きです。

名物は「きりだめそば」。
「切り溜め」という幅60センチ、奥行30センチの
底の浅い木の箱にそばを盛って出してくれるのです。
(2人前以上でないとこれに盛ってくれませんので是非お誘い合わせてどうぞ)
IMG_7668s
もりそばやざるそばと、そば自体に違いはありません。
でもなんとも風情が良いのです。
その箱に直接箸を入れ、食べやすい大きさにそばを束ねてひとすくい。
つゆにさっと浸してするっといただくのです。
そのなんともさわやかなこと。
なんか気分が違うのです。

地元では、昔から結婚式など祝い事のおもてなしを家でするとき、
この切り溜めにそばを盛ってふるまったのだそうです。

この日はたらの芽、ウドなど季節の山菜・野菜のてんぷらと一緒にいただきました。
友人も興味深げに写真を撮ってました。

夏の間、おっこと亭は大変な人気です。広い駐車場がいっぱいになり、
1時間ちかくも待つことがありますが、その人気もうなずけます。
奥には水車小屋があり、そこでそばを挽いてつくったそば粉を使った、
そば道場などの体験もできるようです。

信州といえばそばどころ。
実にさまざまな味わい・形のそばがあって、
皆ひいきの店が違いますが、
ちょっと趣向の違ったそばやさんも紹介しておきましょう。

それは農家のような古民家に上がってそばを食べさせてくれるところ。
まるで親戚のお家にでも行ったような不思議な懐かしさと、
なんとも言えない落ち着いた時間を過ごせます。

こちらはおっこと亭のような大きな店舗と違ってたくさんのお客さんを相手にはできませんので、
予約制になっているところもあります。

こうしたお店はいくつかあり、
おっこと亭と同じ富士見町にもあります。
ただ、紹介するとご迷惑になるかもしれませんので、
名前は伏せておきます(あしからず!)。
ここは本当にふつうの古い落ち着いた農家で、
玄関で靴を脱いで上がり、居間でゆっくりそばをいただきます。
縁側ごしに庭があり、そのすぐ先に田んぼがあります。
そんな光景を見ていると、待っている時間も苦になりません。
田にはトンボが飛び、カエルの声が響く。
都会の駅前ですするそばもそばの風景ですが、
これは対極ですね。

最後におっこと亭の連絡先を情報まで。
電話 0266-62-7188(長野県諏訪郡富士見町乙事3777-3)
時期によって異なりますが、5月~10月は無休。
営業時間は午前10時半~午後5時まで(海の日~8月末までの最盛期は6時まで)と
比較的閉店が早めなので、注意が必要です。

ではでは。
八ヶ岳村よりココロを込めて(*^^)v

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

八ヶ岳村オンラインショップは、八ヶ岳をもっと身近に感じてもらうべく、
八ヶ岳周辺、おいしいもの・素敵な物をみなさまにご紹介・販売しているサイトです。

長野日報や銀座NAGANOでの野菜販売など少しずつではありますが活動しています。

標高が高く、夏涼しく冬長く水や空気が澄んでいる自然豊かな八ヶ岳を
写真や動画と四季折々の旬の食材などを通してご紹介していきます。
ぜひ一度おすすめの商品をご覧ください。

【おすすめ商品】
秋に立ち枯れるまで乾燥させ、実が琥珀色に輝くそのまんまポップコーン。
実を外してお鍋で炒ればお子様が喜ぶ、オリジナルポップコーンが作れます。

【おすすめ商品】
プレゼントに最適、貴金属やハンコなどを手掛ける八ヶ岳の職人が作る
かご玉が二重になったペンダント。作り出す影と音と煌めきが胸元で光ります。

【初めての方はこちらをご覧ください】
ぜひ、ごゆっくり店内をご覧ください。ご不明な点、不安などございましたら
お気軽にお問合せください。Mail:info@yatsugatakevillage.com
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このカテゴリの関連記事