小津安二郎のゆかりの地、蓼科高原で行われる「蓼科高原映画祭」

こんにちは。
広報係の村民・サトーです。

夏の八ヶ岳自然文化園では、「星空の映画祭」が注目されていますが、
蓼科高原では、秋に「小津安二郎・蓼科高原映画祭」が行われます。

実は、蓼科高原は巨匠・小津安二郎監督がコンビを組んでいた
シナリオライターの野田高梧と共に、多くの名作を生み出した地。
高原での生活を送りながら、2人はプロットを書いていました。

この「小津安二郎・蓼科高原映画祭」は今回で17回目。
上映予定の作品は以下の10本です。

・彼岸花(デジタルリマスター版)【小津安二郎監督、1958】
・落第はしたけれど【小津安二郎監督、1930、サイレント】
・白ゆき姫殺人事件【中村義洋監督、2014】
・永遠の0【山崎貴監督、2013】
・箱入り息子の恋【市井昌秀監督、2013】第54回日本映画監督協会新人賞
・アナと雪の女王【クリス・バック監督、2013】
・そして父になる【是枝裕和監督、2013】
・二つ目の窓【河瀬直美監督、2014】
・男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎【山田洋次監督、1983】
・7番房の奇跡【イ・ファンギョン監督、2013、韓国】
・カゾクノカタチ【矢木潤一監督、2014】

小津安二郎監督作品と、注目の新作が上映されます。
白ゆき姫殺人事件は、富士見町、茅野市、諏訪市などでロケをした作品です。

映画の上映だけではなく、短編映画のコンテストや写真展、トークショーなども行われる予定です。
詳細についてはこちらもご確認ください。

では今回はこの辺で。
八ヶ岳村よりお伝えしました!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

八ヶ岳村オンラインショップは、八ヶ岳をもっと身近に感じてもらうべく、
八ヶ岳周辺、おいしいもの・素敵な物をみなさまにご紹介・販売しているサイトです。

長野日報や銀座NAGANOでの野菜販売など少しずつではありますが活動しています。

標高が高く、夏涼しく冬長く水や空気が澄んでいる自然豊かな八ヶ岳を
写真や動画と四季折々の旬の食材などを通してご紹介していきます。
ぜひ一度おすすめの商品をご覧ください。

【おすすめ商品】
秋に立ち枯れるまで乾燥させ、実が琥珀色に輝くそのまんまポップコーン。
実を外してお鍋で炒ればお子様が喜ぶ、オリジナルポップコーンが作れます。

【おすすめ商品】
プレゼントに最適、貴金属やハンコなどを手掛ける八ヶ岳の職人が作る
かご玉が二重になったペンダント。作り出す影と音と煌めきが胸元で光ります。

【初めての方はこちらをご覧ください】
ぜひ、ごゆっくり店内をご覧ください。ご不明な点、不安などございましたら
お気軽にお問合せください。Mail:info@yatsugatakevillage.com
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このカテゴリの関連記事