秋色に染まるのはどういう条件?葉はどうして赤く染まるの?

こんばんは、まっちゃんです。

FBの画像とプロフィール画像を、秋仕様をにしてみました。どうでしょうか。
facebookautumblog

昔学校で習いましたが、朝の気温で一番低い温度が8度を下回ると葉っぱが色づくと言われています。
5~7度が20日~25日ほど続くとその色づきは本格化して赤く染まります。

まっちゃんの記憶なので間違えていたらごめんなさい。
葉っぱは通常緑ですよね。葉っぱが色づくのはイチョウや紅葉などの落葉樹。
秋から冬になると木は葉に栄養を送るのをやめて来春に備えようとします。

木から葉へ送られていた栄養や糖分、水が送られなくなり葉緑素が壊れていきます。
普段栄養を作り緑色に見える葉っぱにカロチノイドと呼ばれる黄色い要素がみえてきて
イチョウのような黄葉がおきます。

紅葉などの赤色は、陽射しが当たる環境で糖分が葉っぱで作られることで
壊れた葉緑素と一緒になってアントシアンが作られます。
赤色の要素が増えてくることで葉っぱが赤くなり、紅葉になると言われています。
きれいな色にも秘密があります。
①陽射しがよくあたること光合成で糖分が作られます
②昼と夜の温度差に差があること(昼に作った糖分をよる使わないことが大きいポイント)
③適度に雨がふること(雨が降らないと紅葉になる前に枯れてしまいます)

子供のころに得た知識って意外といつまでも残るものですね。
先生にしつこく聞いていたあの頃が懐かしい(笑)
上記の条件を満たしているから八ヶ岳の紅葉は美しいのです。

黄色、橙色、赤色、赤紫、茶色、ベージュ・・・
温度は寒くなるのに、葉を落とし、次の季節に備えるためなのに
自然の色はあたたかな色に染まっていきます。
かぼちゃやじゃがいもは昔から保存食。
常温で風通しがよければ長持ちしてくれます。注文はこちらからどうぞ

ほおずきは秋の味覚。霜が降りると収穫できなくなってしまいます。
もうすぐと言われているので今がチャンスです。生を買うならこちらかどうぞ
まっちゃんは密かに新商品を計画中。(笑)

オレンジに色に輝くとうもろこしは爆裂種のそのまんまポップコーン。
その名の通り実を外して油で炒ると弾けてオリジナルポップコーンが作れます。ここからどうぞ
現在そのまんまポップコーンは、収穫後の乾燥中。
収穫時は立ち枯れたものの、まだ水気をもつので実が透き通るまで干しつづけます。
今生産者のYUKIさんに状況を確認しています。情報はおってお伝えします。

秋の味覚、冬の味覚。季節折々の味覚に、色。日本の季節は様々な要素で楽しめます。
そうそう、冬にはホウレンソウや松本一本ネギ、
高原でとれる甘味あるお米の霜月米の新米も登場しますよ。
どうぞ、これからも八ケ岳村もよろしくお願いします。

See you!

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

八ヶ岳村オンラインショップは、八ヶ岳をもっと身近に感じてもらうべく、
八ヶ岳周辺、おいしいもの・素敵な物をみなさまにご紹介・販売しているサイトです。

長野日報や銀座NAGANOでの野菜販売など少しずつではありますが活動しています。

標高が高く、夏涼しく冬長く水や空気が澄んでいる自然豊かな八ヶ岳を
写真や動画と四季折々の旬の食材などを通してご紹介していきます。
ぜひ一度おすすめの商品をご覧ください。

【おすすめ商品】
秋に立ち枯れるまで乾燥させ、実が琥珀色に輝くそのまんまポップコーン。
実を外してお鍋で炒ればお子様が喜ぶ、オリジナルポップコーンが作れます。

【おすすめ商品】
プレゼントに最適、貴金属やハンコなどを手掛ける八ヶ岳の職人が作る
かご玉が二重になったペンダント。作り出す影と音と煌めきが胸元で光ります。

【初めての方はこちらをご覧ください】
ぜひ、ごゆっくり店内をご覧ください。ご不明な点、不安などございましたら
お気軽にお問合せください。Mail:info@yatsugatakevillage.com
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このカテゴリの関連記事