木枯らし吹く寒い冬に!切り干し大根作りと煮物レシピ

おはようございます。
今日も寒いですね。

さて、今日は生産者のYUKIさんに
以前教えていただいた切り干し大根づくりに挑戦です。

______________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆切り干し大根の作り方◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1.大根をよく洗い、4~5cm幅に切ります。
2.6~7㎜くらいの幅に切ります。
3.さらに6~7㎜くらいの角切りにします。薄くスライスしてもいいです。
4.大きなザルやゴザ、風通しの良いカゴなどに入れて冬の乾燥した風を乾かします。
5.昼はお日様にあてて、夜は家に入れて寒い日ほど甘くなるとのこと。

②切り干し大根

カラっカラに乾けば完成です。

切り干し大根①

色が変わるのを防ぐなら冷蔵庫保存がいいそうです。
______________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆切り干し大根の煮物◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お母さんに聞いたシンプルなものです。

切り干し大根 適量(40g)・にんじん3分の1本・油揚げ1枚
ごま油(サラダ油でも)
味付け:酒大1・砂糖大1・みりん大2・醤油大3・しおひとつまみ
だし汁500㏄(ウチは昆布だしで、切干大根の戻し汁を使います。

1.切り干し大根を30分くらい水につけ戻し、水気を切っておく
2.油揚げのキッチンペーパーで包み油をきって細切りにする
3.にんじんを細切りにする
4.ごま油で切り干し大根、にんじんを炒め、油揚げも加えて炒める
5.だし汁、砂糖としょうゆ以外の調味料を入れ煮る
6.3分ほど煮たら砂糖としょうゆを入れ煮汁が3分の1になるまで落としぶたをして煮る。
完.煮汁が少なくなれば完成です。

______________________________
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お母さんはよく給食作ってるの?ってくらい作って冷凍していました。
まっちゃんはこれにシイタケを間違えて入れて以来気にって入れてたなぁ(笑)
・・・・・・というわけで、今回は切り干し大根の作り方と煮物をご紹介しました。

味付けなどは、お好みで調節してくださいね。だし汁とか、入れるものとか。
さて、久しぶりにつくってみますか。

ではまた
今日もみなさまにとって良い一日でありますように!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

八ヶ岳村オンラインショップは、八ヶ岳をもっと身近に感じてもらうべく、
八ヶ岳周辺、おいしいもの・素敵な物をみなさまにご紹介・販売しているサイトです。

長野日報や銀座NAGANOでの野菜販売など少しずつではありますが活動しています。

標高が高く、夏涼しく冬長く水や空気が澄んでいる自然豊かな八ヶ岳を
写真や動画と四季折々の旬の食材などを通してご紹介していきます。
ぜひ一度おすすめの商品をご覧ください。

夏収穫分暑すぎてあっという間に旬が終わってしまったカシス。新鮮なまま冷凍しました。!

【おすすめ商品】
秋に立ち枯れるまで乾燥させ、実が琥珀色に輝くそのまんまポップコーン。
実を外してお鍋で炒ればお子様が喜ぶ、オリジナルポップコーンが作れます。

【おすすめ商品】
プレゼントに最適、貴金属やハンコなどを手掛ける八ヶ岳の職人が作る
かご玉が二重になったペンダント。作り出す影と音と煌めきが胸元で光ります。

【初めての方はこちらをご覧ください】
ぜひ、ごゆっくり店内をご覧ください。ご不明な点、不安などございましたら
お気軽にお問合せください。Mail:info@yatsugatakevillage.com
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このカテゴリの関連記事