フレッシュ生カシスで2層のムースをつくってみた!

こんにちは!まっちゃんです。

みなさんは生カシス販売中!と言われてもどうやって食べるの?って思う方が多いですよね。
酸味の強い果実ですので生食は難しい果実です。(今年は大粒で比較的甘味があります)

香りがよくて酸味があるので、ジャムやソースに使われたりお酒にする果実ですが
具体的にどんなふうに食べられるのか 私もご紹介する以上、研究しています。

夏に注目される【レモン】を参考にカシスの活かし方を探ってみます。
レモンは塩レモンにできて、エキス(水分)と皮、実、レモンの香りの付いた塩が料理に使えます。
また、砂糖で漬ければレモンシロップに。
レモネードやレモンスカッシュに。これからの季節かき氷もいいですね。

このレモンのところをカシスに置きかえて作ると塩カシスとカシスシロップになります。

塩カシスはそうですね、柴漬けのような感じになります。
果実の水分が抜けて酸っぱい小さな粒になります。
サラダのアクセントやパスタに使えます。

(なぜ写真に残さなかったのか・・・・・・)

カシスシロップは、かき氷やサイダーはもちろんのこと、
果実と一緒に、ゼラチンで固めてゼリーにしたり、
生クリームと混ぜてピンク色のクリームに。

(シルエットの美しい瓶を用意しておくんだった写真撮れてないです・・・・・・)

今回は、固めのカシスゼリーをつくり固まったらフォークでほぐし、瓶の底に敷き詰め、
その上にクリームチーズとヨーグルトとレモン汁とゼラチンを入れ混ぜたものに、
ホイップしたクリームを数回に分けてさっくりと混ぜ、ゼリーの入った瓶に流し冷やし固めました。

白いヨーグルトムースとゼリーと混ざってピンク色に染まったカシスムースの二層に。
ぶどうやなし、グレープフルーツにカシスなど果実を混ぜたノンシュガーフルーツポンチを添えました。

レシピ通りにつくろうとすると、びっくりするぐらいのお砂糖が入りますよね。
まっちゃんはあまり多く入れたくないのでカシスシロップをつくった時に入れた分と
ホイップする時に入れた分だけで甘味をつけ、ほんのり甘いおとななデザートにしました。

ポリフェノールたっぷりのカシスをシロップにしてデザートなどをつくって
ぜひ、おいしく召し上がってくださいね。

(次回はもう少し美しい入れ物に入れて美しい写真を撮ろうと思います)

もうすぐ販売終了のカシス500gはこちらからどうぞ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

八ヶ岳村オンラインショップは、八ヶ岳をもっと身近に感じてもらうべく、
八ヶ岳周辺、おいしいもの・素敵な物をみなさまにご紹介・販売しているサイトです。

長野日報や銀座NAGANOでの野菜販売など少しずつではありますが活動しています。

標高が高く、夏涼しく冬長く水や空気が澄んでいる自然豊かな八ヶ岳を
写真や動画と四季折々の旬の食材などを通してご紹介していきます。
ぜひ一度おすすめの商品をご覧ください。

【おすすめ商品】
秋に立ち枯れるまで乾燥させ、実が琥珀色に輝くそのまんまポップコーン。
実を外してお鍋で炒ればお子様が喜ぶ、オリジナルポップコーンが作れます。

【おすすめ商品】
プレゼントに最適、貴金属やハンコなどを手掛ける八ヶ岳の職人が作る
かご玉が二重になったペンダント。作り出す影と音と煌めきが胸元で光ります。

【初めての方はこちらをご覧ください】
ぜひ、ごゆっくり店内をご覧ください。ご不明な点、不安などございましたら
お気軽にお問合せください。Mail:info@yatsugatakevillage.com
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このカテゴリの関連記事