customervoice_r


ログイン





ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る








商品カテゴリー

八ケ岳周辺情報リンク

●CoCoのビレッジライフin原村
→八ヶ岳西麓に広がる自然豊かな原村でのカントリーサイドライフ
●たてしなの時間
→蓼科、茅野、原村、富士見。八ヶ岳山麓エリアの人と暮らしとできごとをレポート
●原村 農民体験日記
→人口約7500人の小さな村、「原村」に移住し農業を実践。都会では味わえない日常の出来事や出会いをつづります

●諏訪地方を楽しむ体験を紹介!

お買い物の前に

ホーム > 「八ヶ岳村」商品ラインナップ > 食品(果実、野菜、加工品) > 【完売御礼】17年収穫分【冷凍】カシス(500g)新鮮なまま冷凍しました。今年は例年より大粒です

【完売御礼】17年収穫分【冷凍】カシス(500g)新鮮なまま冷凍しました。今年は例年より大粒です

カシス
カシス
カシス

NEW オススメ 限定品 冷凍便

【完売御礼】17年収穫分【冷凍】カシス(500g)新鮮なまま冷凍しました。今年は例年より大粒です

商品コード: YF005717

3,080 円
ポイント 28 pt
申し訳ございませんが、ただいま品切れ中です。

Item Detail 商品詳細

500g 
8月1日より発送開始
冷凍(凍ったままで郵送します)
冷蔵品と同梱はできません。
同梱で5,000円送料無料(会員限定サービス)をご利用の場合は冷凍品のみ対象とさせていただきます。
開封後は冷凍庫での保存をオススメします。
※冷蔵・冷凍代金の216円(税込)を代金に含みます。
cassisjam_title.fw

casis01●1.水洗い
 カシスは収穫してから出荷までの間に水洗いし、葉やヘタなど不要なものを取り除いてありますが、ジャムづくりの前に、2,3度さらさらとかき混ぜながら、軽く水洗いしてください。冷凍カシスは凍ったまま流水で洗い流していただければ大丈夫ですよ(事前に解凍しておく必要はありません)。


casis02●2.煮沸
 今回は瓶詰めまでを説明しますね。まずカシスを煮つめる前に、器の準備です。お家にあったジャムの瓶など、カシスジャムの器に使う瓶を煮沸消毒します。しっかり瓶がつかるだけの量のお湯に入れて10分ほどぐらぐらと煮沸します。フタはパッキンの部分に樹脂を使っているので高温を避け、80度程度のお湯に2,3分漬けてください。


casis03●3.乾燥
 煮沸した瓶は熱いですから気を付けて!必ずトングなどを使って引き揚げ、清潔な布きんを敷いたバットなどに逆さにして置いてください。余熱で乾燥しますので、水滴は拭き取らなくても大丈夫です。フタもお湯から引き揚げて同様に感想させます。


casis04●4.お砂糖計量
 お砂糖は上白糖を使っていますが、グラニュー糖でもOKです。お砂糖は、6割(300g)などカシス重量の半分以上入れる方もいれば4割くらいの方もいてまちまち。ここでは、最後に瓶を脱気殺菌すること、使用中は冷蔵庫で保存することを前提に、4割(200g)としています。甘さとしては4割で十分です。むしろ甘すぎるとせっかくのカシスの風味がもったいないので、4割程度をここではお勧めします。


casis05●5.煮詰め
 まずカシスを鍋に入れ弱火にかけます。4で計量したお砂糖を入れ、ゆっくりとかき混ぜます。あとは香りを楽しみながら、焦がさないようにかき混ぜながら、1時間ほど煮詰めます。煮詰める時間は30分ほどでも大丈夫です。時間が短いと水分多め、長いとねっとりめになります。


casis06 冷凍の場合、水分が出ますが、気にせずゆっくりとかき混ぜ続けます。この写真では実をつぶさないようにしていますが、煮詰める前にフードプロセッサーで処理すると、ジャムに独特の粘りがでます。おススメとしては実はつぶさないで煮詰める方法ですが、お好みで何割かはフードプロセッサーでつぶしてもよいと思います。


casis07 かならずしも必要ありませんが、途中で泡立ったアクをすくいます。


casis08 出来上がりました。さて、これから瓶詰めですよ。


casis09 煮沸し乾燥しておいた瓶に移します。熱いうちに移す場合はやけどしないように気を付けて。瓶は必ず直前に煮沸したものを使いましょう。以前煮沸したものでも時間がたったものや、お店で買ったばかりのものでも煮沸してから使いましょう。


casis1011●6.脱気消毒
 ジャムは瓶に小分けして保存するのが使いやすくて便利ですし、お友達にプレゼントしても喜ばれますよ(^^) その際はこの脱気消毒が欠かせません。脱気消毒しておけば、未開封なら常温で保管しておけます。
 脱気消毒の方法ですが、瓶にジャムを入れフタを軽く締めます。そして瓶の肩くらいまでのお湯につけてお湯を沸騰させます。この時あまりぐらぐらと強火で沸騰させる必要はありません。あまり強く沸騰させると瓶が倒れたり、瓶同士が当たって割れる危険があるからです。写真のようにたまにボコっと泡が出る程度の火加減で大丈夫です。この状態で15~20分ほど煮沸します。この時、なべ底とお湯の温度差ができるのを避けるため、ステンレス製のスノコを敷く場合も多いようです。
 次に軍手か鍋つかみなどで瓶を取り上げて、フタをきつくしめ(やけどに気を付けて!)、またお湯に戻して20分ほど煮沸します。

 最後は清潔な布きんの上に瓶を逆さにして置き、30分ほどゆっくり冷まします。



casis12●7.できあがり!
 できあがったら制作日をマスキングテープなどで記しておきましょう。完全に脱気消毒ができれば保存料を使わなくても2、3カ月は持ちますが、できるだけ半年以内には使い切るようにしましょう。

 では存分に自家製カシスのおいしさをお楽しみあれ!


この商品に対するトラックバック

この商品へのトラックバック先URL

このページのトップへ